両国・押上で楽しむ下町生活!

子供と一緒に東京江戸博物館へ

以前、子供を連れて両国にある江戸東京博物館に行ったことがあります。
入ってまず驚いたのが巨大な日本橋です。
実際に皆が渡れるようになっているし、当時がどんな感じだったのか思い浮かべやすいです。
お姫様などが乗る輿が展示してあって、中に入ることもできました。
畳が引いてあったことや意外と中が広いことも入ってみて始めて知ることができることで、子供も楽しそうに中に入ってお姫様気分を味わっていましたよ。
他にも火消しのまといを実際に自分で持つことができたり、千両箱をもつことができたりして、体験型の展示も多く大人も子供も楽しめる内容になっていました。
私が個人的に面白いと思ったのは三井越後屋の模型です。
だだっ広い室内を見ると、江戸時代の呉服屋がにぎわっていた様子がわかり興味深いです。
芝居小屋も時代劇のセットのようで江戸時代の娯楽はこんな感じだったのかなと庶民の楽しみ想像したりしました。
普段見られないものが多くかなり時間をかけて見学しました。
また行っても楽しめそうだなと思います。
きっと子供は行ったことを忘れてそうですしね。

Copyright (C)2016両国・押上で楽しむ下町生活!.All rights reserved.